スプラトゥーントッププレイヤーズ|武器・ギア選びや立ち回り、練習方法

                      

スプラトゥーンを上手く、強くなりたいイカのためにトッププレイヤーのインタビューを集めました。なぜその武器なのか、ギア構成なのか。エリアごとの初動や打開、固めなどの立ち回りについてもまとめてあります。

えも ガチホコ スプラ1

これでもう負けない!ガチホコ勝率8割を超えた男のガチホコ理論その3(文責:えも)

            

2017/07/08

4分15秒~2分

先に大きなカウントを取れるように意識しながら攻防を繰り返して、隙があればタッチダウンを狙う。
※先に大きなカウントを取ることで、同カウントで防衛した時敵のほうが1カウント少なくなる

この時間帯で気をつけたいポイントは・・・

大きなカウントリードを作る
カウントを大きく取っておくことで、守りの時の防衛ポイントが増えます。
試合終盤に敵に攻められても、こちらが大きく先にリードをとっていれば、心の余裕もありますし
なによりガチホコでは「敵がホコを持っている時はこちらがSPゲージが溜まる」ので
ダイオウイカやバリアなどの強力なSPをじっくりためるチャンスにもなります。

劣勢時からの打開

ガチホコは守りから攻めに転じるのが、うまければうまいほど楽に試合ができます。
この場面が一番頭をつかいます。
ガチホコの基本にあった通り、ガチホコの位置が一番の戦闘地帯なので
一番やりたいことはガチホコを自陣ゴールから遠ざけることなんだけど
慌てて持ってやられた経験ありますよね?
ゆっくり打開する方法と突撃して打開する方法を上手く使い分けよう。

今回はゆっくり打開する方法を書きます。

ゆっくり打開

ガチホコでの打開で必要なコト
⦁ 敵と味方の枚数を見る
⦁ ホコの周りを塗る
⦁ ホコを持って特攻するのか、ホコショで塗りを手伝うのか判断をしっかりする
※ できたら敵SPを把握する

キンメダイを例に説明すると
攻め込まれてホコは止めたけど、塗り状況が劣勢で、敵の位置が分からない状況
この図は画面とパッド見たらすぐわかるよね。
ガチホコ図解08
この状況でホコを慌てて持って、前に行くと敵に囲まれてすぐやられちゃう…。
こういうときは、ホコの周りを少し塗って、敵が隠れていないか確認してから持とう。
そうすることで、敵は塗りながらじゃないと近づけないから姿がみえたりするよ。

この画像にイカの枚数だけ足した画像が下に。
枚数有利の時は…
ガチホコ図解09
この場合は
こちらが4枚で、敵が2枚落ちしているのでホコを進めたい(自陣ホコ台から遠ざける)場面。
この時、ホコを前に出すために必要なことは
・敵の居そうな位置を予測すること
・敵が再度攻めにくい位置を考えること
・味方の前線にいる枚数を見ること

センサー持ちはこの場面でセンサーが切れると最高ですね。

枚数不利の時は
ホコ特攻かけられるほどのインクの塗り残しがなければ
味方の枚数揃うまで少し待つのもアリ。
それまでは、塗りで粘って敵を近づけさせない
ホコが取られたら、ホコをすぐ止められる位置にいるようにする。

残り2分~1分

勝っていてここまでに取れたカウントが、各ステージの目安カウントを超えていた場合は
・塗り負けないようにする。
・前線の枚数を調整する。
・自分がダイオウイカ持ちならなるべく温存
・ホコの位置を高く保つ(ただし長くは持たない)
・集団デスを避ける
上記5点がポイントで、余裕がある人は敵SPを管理できるようになれば
打開される危険性がグッと減ります。特にボムラッシュとダイオウバリアは要注意。

リードが少なくてもう一押ししたい時は・・・
この時間帯に一番避けたいのは、集団デスからの逆転。
大量リードが取れてなくて、もう少し押したい!って時は、確実に押し込めるタイミングで。
無駄に枚数かけても集団デスになってしまう可能性が高いので、味方がバリアあるタイミングなどで
一気に仕掛けます。

ホコを取りに来た敵を、倒しやすい位置をキープしながら、安全に枚数差をつけることを考えます。
ご法度なのは、リードしているのに、この時間帯に長くホコを持ってしまうことです。
敵にSPゲージプレゼントしているスパイになってしまいます…。

負けていた場合の逆転パターン

残り2分からのホコ持って攻められる回数はおよそ3回
この3回で
⦁ どういう塗り状況にして
⦁ どうやってホコの位置を高い所に持っていき
⦁ カウントリードを取るのか
を考えなくてはいけません。
この時、リッカスなどのダイオウ武器にSPを使ってもらわないと
逆転はまずないので、②の場面でホコ持ちor味方が1デス覚悟でSPを使わせることが出来るかが
勝負のカギになります。

1分から試合終了まで!

試合の集大成の時間です!
勝っていれば、この時間帯を乗り越えれば勝利は目前!
ダイオウイカ持ちは、最後の止めに向けてSPをためて防衛準備します。
この時、どうでもいい敵に対してダイオウイカを切ったら…確実に止める手立てを失ってしまいます。
その他の武器の人は、塗り負けないようにしながら、ホコ止めに有利なポジションを取りに行きます。
そして最後にホコを止めたら、敵にホコを持たせないようにSPで固めてしまいます。
ボムラッシュは大体7秒、トルネードは3秒くらい、メガホンは4秒
この間は敵がホコを取れないので、カウントダウンの時間を見て完封すれば勝てます。

負けていた場合は残り2分からの逆転パターンをみてください。

まとめ

ガチホコは全ルール中一番戦局が変わりやすく、戦闘スポットがエリアのように固定されないため
場面ごとに、武器の長所と短所が試合の中でコロコロかわるのがガチホコです。

武器の良いところを引き出して、悪いところはなるべく隠すことができれば
ガチホコはグッと楽しくなります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

※文中の地図は カンZYさん作成のものを加工させていただきました。

カンZYさんのブログには、「アフィリエイト等の収益を主目的とした転載、または商業目的での利用はお控えください」と書いてあるのですが、今回お願いをして利用させていただくことになりました。
収益が主目的では一応ないので、その点をご理解いただけたのかと思います。
改めて、カンZYさん、ご快諾いただきましたことを御礼もうしあげます。

これでもう負けない!ガチホコ勝率8割を超えた男のガチホコ理論は3ページ構成です。
1.これでもう負けない!ガチホコ勝率8割を超えた男のガチホコ理論その1
2.これでもう負けない!ガチホコ勝率8割を超えた男のガチホコ理論その2
3.これでもう負けない!ガチホコ勝率8割を超えた男のガチホコ理論その3

-えも, ガチホコ, スプラ1

   
Twitter |  OpenRec |  Youtube