スプラトゥーントッププレイヤーズ|武器・ギア選びや立ち回り、練習方法

                      

スプラトゥーンを上手く、強くなりたいイカのためにトッププレイヤーのインタビューを集めました。なぜその武器なのか、ギア構成なのか。エリアごとの初動や打開、固めなどの立ち回りについてもまとめてあります。

きっとかっと スプラ1 ダイナモローラー

ダイナモの練習方法、試合での意識、プレイヤーについて | きっとかっと(ダイナモカンスト)

            

2017/07/08

定期的にやっている練習は、ねくら式エイム練習をカーボンローラーでやること

今でもやっている練習方法があれば教えてください

定期的にやってるのは、ねくら式エイム練習のカーボンローラー版ですかね。
カーボンローラーは射程が短くて空振りができない武器なので、確殺をしっかり出来るように練習しています。
特にやるのは振り向きざまにキルする練習ですかね。

あと昔よくやってたのは、確殺範囲ぎりぎりで相手を倒す練習ですね。
たいていの武器は、一定距離を超えるとダメージが減衰しはじめます。ダイナモもその武器の一つで、一定距離を超えると確殺できなくなります。
なので、普通はその減衰が起きない範囲で戦うのですが、自分の場合は逆に減衰が始まるぎりぎりのところで戦う練習をしていました。
極論、減衰してもいいという意識で戦っていましたね。

その当時、スプラローラーコラボが凄い流行っていて、無敵持ちだわキル速度はダイナモより早いわっていう武器だったので、リスクを抑えて相手を倒す方法をずっと考えていました。
結論としては、基本的にロラコラって懐に入ってこないといけない武器なので、こちらからわざわざ距離を詰める必要はないな、と。
なので、こちらの確殺範囲ぎりぎりでの戦い方、距離感を覚えるための練習をしました。
距離を保ちながら戦う練習をしているうちに、ロラコラはだいぶ狩りやすくなりましたね。
今でも無敵を吐かせたりする時に、この距離感の保ち方は非常に重要な感覚として生きています。

ただ、昔と今では環境が変化して、中距離射程の武器が増えています。
中距離射程の武器にはダイナモが詰めないといけないといけない側なので、この辺りは使い分けが大事ですね。
最近カーボンローラーが流行ってきているので、カーボンローラーに対しては、減衰ぎりぎりの距離で戦うというアプローチが生きてくるんじゃないかと思います。

とにかく無駄なデスは減らすこと。デスへの意味づけをしよう!

ダイナモを使っていて、汎用的に意識する立ち回りがあれば教えてください

出来るだけ無駄なデスをしない、ということですね。
今のデスは意味のあるデスだったのか?っていうのを一つずつ考えるようにしています。

一つ一つのデスに意味づけをするっていう感じですね。
それが無意味なデスだと思えば、もう二度とやらないように、
今のデスがきっかけで何かが好転したなとわかれば、もう一度意識的にやってみよう、って考えます。
デスへの意味づけをすることで、無意識なデスを抑える、それが強くなる秘訣だと思います。

野良で一番意識するのは、味方を殺してくる相手をいかに倒すか、ということ

野良で安定して勝つ為に重視していることを教えてください

一番意識しているのは、味方を殺してくる相手をいかに倒すか、ってことですね。
よくキルレいいけど、勝てねえ!ってリザルトさらしてる人がいると思うんですけど。
そう思う気持ちはよくわかるんですが、敗因は他にあると思っていて。

その人は確かに試合でキルも取ってて、キルレもよかったんだろうし、そのチームでのエースだったんだと思うんですが
相手にも同じかそれ以上のエースがいて味方が殺されてるケースも多いと思うんですね。
自分が同じ立場だったら、味方のせいにするのではなくて、キル勝負に自分が負けてしまったんだな、と思うようにしています。

自分の味方を落としてくるエース級の敵と相対しなかったから、キルレがよくなったんじゃない?って考え方ですね。
なので、ガチマで野良で潜るときは、味方を殺しにくる敵を殺す、っていう気持ちで潜っています。
連携が取れない以上、味方を抑えにかかってくる敵を倒さないと味方が自由に動けないですから。

それは試合中に、あいつがエースだなっていうのを見極めて優先的に倒しにいくんですか?

そうですね、例えば「カローラとかの潜伏するタイプの敵に、シューター陣がやられてる」っていうことがあると思います。
そのことが分かれば、ダイナモはまだ相手出来ますから、その周辺塗り固めてスーパーセンサー使って、つぶしに行ったりとか。

上の例みたいに、スタート時の武器の相性などで判断することもありますし、たいていエース級の人って他の人より待機ポジションが違ったりするので、それで見極めたりしますね。
裏取りが刺さってる人とかは、他の人と選ぶ場所やルートが違うので「あいつをマークしないとまずいなー」とか。
自分とにらみ合ってる時に、横から味方が突っ込んで倒された場合は、その倒し方を観察していたりとか。
味方の倒され方とかまで観察するのは珍しいかもしれないですけど、よくタグマでエンジョイ勢の護衛をしながら遊ぶ機会が多かったので、自然と味方の動き方まで見れるようになってきましたね。

チーム戦では「いかにこのチームで自分の役割を担えるか」を意識する

それでは、対抗戦の時はどのような意識でいますか?

野良は極力「どうやって相手を倒すか」っていう思考なんですが、チームとして戦う時には「いかにこのチームで自分の役割を担えるか」っていうのを考えてます。
チーム貢献度とか、仲間貢献度というか。そういうのを重視をして、貢献度の高い立ち回りを意識しています。
塗り意識の高さが一番わかりやすいかもしれないですが、いかに味方が動きやすい環境を作れるかっていうのを意識していますね。
キルするにしても「ここで倒せば、味方のシューターが動きやすくなるな」とか。
自分が主役な立ち回りをしたいっていう意識は無いので、味方の動きやすいように合わせる、味方のオーダーを汲んでチームを作る。
そういう意識で戦っています。「きっとかっとさんは組みやすい」って言っていただけるのが凄い嬉しいので。

打ち合いで勝つコツは、意外性のある攻撃をすること

対面での戦いで意識していることはありますか?

タイマンって双方の引き出しの出し合いだと思っています。
相手が想定していないことをするのが一番刺さるので、いかに引き出しを多く持つかっていうのが一番重要ですね。
相手の想像外にある、意外性のある攻撃をしかけることが大事です。

ダイナモは特に、遠くまでインクを飛ばせる武器なので
物陰に隠れながら、インクを飛ばして背後を塗って、敵の退路を絶ってから攻撃したり。
障害物を使う時も、単に出たり入ったりを繰り返すだけではなくて、登って上から攻撃するのもありですし、引っ込むと見せかけてもう一度突っ込んでみるとか。

後は、わざとインクを切らせて、相手に責め時を勘違いさせたりもしますね。
インク回復のタイミングを計っておいて、相手が突っ込んできた時にきっちり、1発分のインクを吐き出せるようにしていたりとか。
相当いろいろなことを試しています。

一名あげろと言われたら、やっぱり「ダイナモン」

あなたが思う、本当に強いと思うプレイヤーを教えてください

めちゃくちゃいっぱいいるんですけど…
一名あげなければならない、とすれば「ダイナモン」ですね。
本当、気持ち悪いくらい強いですし、尊敬しているプレイヤーです。
同じ武器を使っていますから、ライバルだと思ってますし、追い付きたい、追い越したいと思っているプレイヤーですね。

後は、やっぱりおもひでのみんなですかね。
その中でも特に一人といわれたら「ねくら」さんです。あの人は凄い努力家ですし、とにかく勝ち方をよく研究している方なので。

あとは戦略面でいうなら「クラリー」さんですね。
本当に戦略家として尊敬できる方です。
奇麗な立ち回りをされますし、この人の話を聞いてみたいっていう気持ちがありますね。インタビューとかも是非聞いてみたいです。

インタビューを聞いてみたいプレイヤーさんを教えてください

凄い悩むんですが…さっき挙げた「クラリー」さんですかね。
あの人は、安定して大会でも成績残してますし、チャージャー全一を争ううちの一人じゃないでしょうか。

強くなりたいなら「動画を撮って見返す」「タイマンを頑張る」の二つだ!

この記事を読んだ読者の方へ一言お願いします

自分が強くなったきっかけというか、スプラトゥーンでうまくなれた要因を考えたんですが、二つほどあって。

一つは、自分の動画を撮ったことなんですね。動画を撮って自分の立ち回りを研究して。
動画をアップロードすることで、批判ももちろんいただくんですが、その中で本当に立ち回りにいかせるアドバイスもありますし。
真摯に受け止めて、自分の立ち回りに還元していくことで上達できたっていうのがあると思うので。
動画を撮る、そして見返すというのは上達するにあたって、とても大きな要因だったと思います。

もう一つは、よくタイマンをやっていたことですね。それがすごく大きかったかなと思います。
ダイナモ持ったまま、スシコラとかチャージャーと、タイマンしていましたね。
そのタイマン練習のおかげで、実際の一対一での戦いにおいて引き出しが増えたなって実感があるので。

自分の中でこの2つは、とても大きかったなと思うので、強くなりたければこの二つをやってみることをおすすめします!

きっとかっと(ダイナモカンスト)のインタビューは3ページ構成です。
1.メイン武器や、初心者へのおすすめ武器
2.ギア構成とギアの選び方及び得意・不得意なステージについて
3.ダイナモの練習方法、試合での意識、プレイヤーについて

-きっとかっと, スプラ1, ダイナモローラー